【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ

【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ


CRMのサンドボックスは、ワークフローや承認プロセス、ブループリント等に関する新しい設定を作成、テスト、そして既存の処理を妨げることなく本番環境に適用することができるユーザーのテスト環境です。

現在までは、1つのサンドボックス環境のみサポートされていました。
しかし、今回のアップデートにより、以下のサンドボックス管理権限が付与されます。
  1. 複数のサンドボックス環境の作成(CRMユーザー・開発者どちらも)
  2. 特定のCRM設定のみのサンドボックス作成
  3. CRMアカウントからサンドボックスへのデータ追加
複数のサンドボックス環境の作成

複数のサンドボックスを作成することで、様々な目的でテストを実施することが可能になりました。
例えば、営業チームがワークフロー専用にテストするためのサンドボックスを作成でき、営業マネージャーは専用のサンドボックスアカウントを使用してユーザーの権限や役割をテストすることができます。
また、マーケティングチームは、別のサンドボックス環境を使用して、最近開始されたキャンペーンデータをインポートのテストし、それをCRM内既存の各商談に関連付けることができます。

これらワークフローや管理、キャンペーンのためのサンドボックスは、組織内の異なるチームが、実際の設定を行う前にテスト、問題を特定し修正することができます。

必要に応じて、開発者やCRMにサンドボックスへのアクセスを付与し、テストを実施できます。CRMユーザーに共有されたサンドボックスは、自動的にアカウントのサンドボックス一覧ページに表示されます。

招待された開発者やユーザーには、サンドボックスのURLが彼らのメールアドレスに送信され、そのURLからサンドボックスにアクセスすることができます。
1つ以上のサンドボックスが共有された場合、ユーザープロフィール内のドロップダウンリストに一覧表示されます。ここから、簡単に複数のサンドボックスへの切り替えができ、「管理」オプションを使用して、特定のサンドボックスをデフォルトとして設定することができます。



特定のCRM設定のみのサンドボックス作成

以前は、デフォルトでサンドボックスアカウントでは全ての設定が可能で、ユーザーは特定の設定を選択してテストを行うことはできませんでした。
現在、ユーザーはテストを行いたい設定を選択することができます。
例えば、ユーザーに関する設定のみをテストするためには、サンドボックスを作成する際に、ユーザーと権限セクション下の必要な項目のみ選択することができます。


CRMアカウントからサンドボックスへのデータ追加


CRMデータはサンドボックス環境内で追加することができ、新規データを作成する時間を省いて、既存の顧客データを使用してテストすることができます。
CRMデータの追加は、サンドボックスアカウント作成時に以下の2つの方法にて可能です。

1.サンプルCRMデータの追加 - このオプションでは、見込み客・取引先・連絡先・商談・タスク・通話・予定・メモタブに10件のサンプルデータを追加します。


2.一部データの追加 - このオプションでは、最近作成されたデータを追加することで、アカウントのリアルタイムのデータを使ってテストすることができます。サンドボックスの作成時に、データを追加するタブと追加するデータ数を選択する必要があります。
選択したタブや必須と設定されている関連付けられているルックアップタブも追加されます。

例えば、見込み客と商談タブの最近のデータ100件を追加することができます、商談タブを選択した際、必須と設定されている関連付けられているルックアップタブの取引先も自動的に選択されます。このように、作成時にはこれら3つのタブの最近のデータ100件が追加されます。


サンドボックスが再構築されるたびに、追加されたデータは新しく再読み込みされます。
また、追加されたデータに対し行われた変更は、本番環境に対し移行できません。

上記のアップデートに加えて、UIの変更に関する変更は以下の通りです。
1.サンドボックスは、詳細が分類され、変更数・アクセスできる人・作成日・ステータスとして表示されます。
2.サンドボックスの有効化/無効化を切り替えられるステータスのトグルボタンが導入されました。これは、サンドボックス設定ページにある「無効化」ボタンに追加されるものです。


3.「サンドボックスの更新」ボタンが「サンドボックス(テスト環境)の再構築」へと名称変更されています。


追記:
サンドボックスの次回アップデートでは、複数のサンドボックスのデプロイメントログを1つにまとめ、ひとつのビュー内に表示する作業を行っています。
上記につきましては、今後お知らせいたします。


    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ:タグが使用できるようになりました。

      今回の機能アップデートにて、サンドボックス内でタグ機能が使用できるようになりました。 これにより、サンドボックス内の各タブにおいて、新規タグの作成、既存タグの管理、ワークフロールールやブループリントを使用したデータへの自動タグ付与が可能となり、本番環境の設定を妨げることなく、データの分類や区別ができるようになりました。 また、サンドボックスから、必要なタグを本番環境に対して、簡単に適用することができます。 留意点: タグ機能は、新しく作成されたサンドボックスアカウントでのみ利用可能です。 ...
    • 【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ:共通の適用ログと「サンドボックスを編集する」画面に関するUI変更

      先日の複数のサンドボックス環境の作成に関するアップデートに引き続き、以下2件のアップデートをご紹介いたします。 サンドボックスは、本番アカウントのシミュレートを行うテスト環境です。 様々なビジネスケースをテストし、元のCRM設定を妨げることなく本番環境に適用することができます。これらの適用された情報は、適用ログに記録され、適用日、適用された変更名、適用したユーザーなどの詳細が時系列で表示されます。 共通の適用ログ ...
    • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

      税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

      Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...
    • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

      2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。