【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ:タグが使用できるようになりました。

【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ:タグが使用できるようになりました。


今回の機能アップデートにて、サンドボックス内でタグ機能が使用できるようになりました。
これにより、サンドボックス内の各タブにおいて、新規タグの作成、既存タグの管理、ワークフロールールやブループリントを使用したデータへの自動タグ付与が可能となり、本番環境の設定を妨げることなく、データの分類や区別ができるようになりました。


また、サンドボックスから、必要なタグを本番環境に対して、簡単に適用することができます。


留意点:
タグ機能は、新しく作成されたサンドボックスアカウントでのみ利用可能です。
既存のサンドボックスアカウントでタグ機能を使用したい場合は、既存のサンドボックスを再構築する必要がございます。

    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ

      CRMのサンドボックスは、ワークフローや承認プロセス、ブループリント等に関する新しい設定を作成、テスト、そして既存の処理を妨げることなく本番環境に適用することができるユーザーのテスト環境です。 現在までは、1つのサンドボックス環境のみサポートされていました。 しかし、今回のアップデートにより、以下のサンドボックス管理権限が付与されます。 複数のサンドボックス環境の作成(CRMユーザー・開発者どちらも) 特定のCRM設定のみのサンドボックス作成 CRMアカウントからサンドボックスへのデータ追加 ...
    • 【Zoho CRM】サンドボックス機能に関するアップデートのお知らせ:共通の適用ログと「サンドボックスを編集する」画面に関するUI変更

      先日の複数のサンドボックス環境の作成に関するアップデートに引き続き、以下2件のアップデートをご紹介いたします。 サンドボックスは、本番アカウントのシミュレートを行うテスト環境です。 様々なビジネスケースをテストし、元のCRM設定を妨げることなく本番環境に適用することができます。これらの適用された情報は、適用ログに記録され、適用日、適用された変更名、適用したユーザーなどの詳細が時系列で表示されます。 共通の適用ログ ...
    • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

      税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
    • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

      2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...
    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

      Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。