【Zoho Sign】タイムスタンプ とZoho Signクレジットの購入

【Zoho Sign】タイムスタンプ とZoho Signクレジットの購入


1)
SEIKOタイムスタンプは
設定>アカウント設定>タイムスタンプ
からオンにしますと自動でドキュメントに追加されます。
文書自体と最後の署名にタイムスタンプが2つ付与されます。





2)
Zoho Signクレジットの購入
設定>プランの詳細>Buy Zoho Sign Credits
から購入が可能です。

英語資料で恐縮ですが以下をご参照ください。





    • Related Articles

    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

      Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...
    • 【Zoho Sign】 始め方

      Zoho Signの始め方 ブラウザのURLに以下のURLを入力してページに移動します。 https://sign.zoho.com/ Zoho Signのメイン画面に入れます。 ユーザー招待については、「ユーザー招待の方法」をご参照ください。
    • 【Zoho Sign】 ユーザー招待と役職の設定

      ユーザーの招待 画面左下のパネルから「設定」タブ→「ユーザー」へ移動します。 画面左上「ユーザーを追加する」からメールアドレスを入力して招待メールを送信します。 ※招待されたユーザー目線: メールアドレスに招待メールが届きます。 招待メールを開いて「組織に参加する」をクリックしますと、 Zoho Signの管理者が作成した組織に参加できます。 ユーザーが招待されました。 役職の設定 チェックボックスにチェックを入れると、役職の管理が可能になります。 管理者とユーザーの二つの初期役職があります。 ...
    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の機能

      Zoho CRMとZoho Sign連携の機能の概要 Zoho CRM とZoho Signを連携しますと、送信した契約書がZoho Signと連動してZoho CRM側でデータが追加/更新されます。Zoho CRMからこの連携で送信した契約書の進捗、関連づいた連絡先、書類の情報や保存などをCRM側で管理できます。 連携の方法については以下をご参照ください。 ...
    • 【Zoho Sign】PDFでの署名有効性の検証方法

      Zoho Signの公開鍵暗号化方式のハッシュ値から非改竄を証明 デジタル署名されたPDFをダウンロードします。 有効:署名パネルをクリックして最新のバージョンの詳細をチェックしますと、非改竄の証明が記述されます。 有効:文書が変更されているメッセージ: このメッセージが発生しても電子署名に問題はなく電子署名の文書は非改竄のままの状態です。 受信者が完了ボタンを押すと、Zoho ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。