【Zoho CRM】ワークフロールールに関するアップデートのお知らせ:ワークフローレポートから再実行処理ができるようになりました。

【Zoho CRM】ワークフロールールに関するアップデートのお知らせ:ワークフローレポートから再実行処理ができるようになりました。


ワークフローによる自動化を設定することで、様々な業務において大幅な時間短縮を実現します。
さらに、各ワークフロールールのパフォーマンスを監視するために、ワークフローレポートを提供しています。
これらのレポートは、自動処理が実行されたデータ数に関する詳細を表示し、不達のメール数、項目の更新に失敗したデータ数、関数の正常な実行など、各処理に関する統計情報を提供します。
これにより、ルールの効率性を把握し、処理の実行を妨げる可能性のある問題を修正することができます。

失敗した処理の一覧を確認し、その失敗に対して自動化を再実行することで、手作業を大幅に減らすことができます。
以下、詳細をご紹介いたします。

失敗した処理の詳細の確認

これまで、ワークフローレポートでは、特定の処理が正常に実行されたかどうかが表示されていました。
今回のアップデートにて、失敗した処理についてさらなる詳細を提供します。
失敗した処理詳細ページには、実行に失敗した処理が表示されます。また、カウント数をクリックすると、不達のメール、失敗したWeb通知などを表示できます。

例えば、あるワークフローのルールで不達になったメール通知が3件あった場合、失敗した件数をクリックすると、失敗した処理とその理由、関連するデータが一覧表示されるので、管理者はデータ内の失敗の原因を修正し、再実行することができます。



留意点
これらのデータの失敗した処理は、失敗から7日間のみ再実行できるよう一覧表示されています。

失敗した処理の詳細レポート

ワークフローの処理は、入力ミスや技術的な不具合により失敗することがあります。失敗した処理の詳細を知り、対処するために、さらなる詳細を提供します。
  1. データ名
  2. 失敗したメールまたは関数、および失敗したWeb通知
  3. 失敗の理由
  4. 失敗したアクションを手動で再実行するオプション
  5. 再実行回数
  6. 処理が最初に失敗した日時
  7. 電話番号、メールアドレスなどのデータ詳細
留意点:
失敗したすべての処理に対して、失敗の詳細が表示されます。
ただし、再実行処理は、メール通知、Web通知、およびカスタム関数にのみ対応しています。
今後数ヶ月のうちに、他の処理に対し再実行処理を実装予定です。

ワークフロー処理の再実行

失敗した処理が判明し、失敗の原因が修正されたら、処理を再実行することができます。再実行は、個々の処理に対して行うことも、複数の失敗した処理に対して行うこともできます。

再実行の際、以下のオプションを提供しています。

以前の項目値もしくは現在の項目値を対象として再実行
特定の値がデータで変更された場合は、古い値または新しい値に対して再実行することができます。
例えば、メールは、新しいメールアドレスまたは古いメールアドレスに送信することができます。

再実行前にワークフローの条件確認を実行
その処理に対してワークフロールールを実行するかどうかのオプションが提供されます。
「はい」を選択すると、再実行の前にワークフローの条件が再度確認され、条件を満たした場合のみ再実行が進められます。
いいえ」が選択された場合、再実行処理はワークフロールールを再確認することなく進行します。


再実行からの除外

「失敗した処理の再実行を除外する」オプションがございます。
例えば、Bob Brownが登録解除を行った場合、一括再実行処理中に、データの関連処理を除外することができます。また、データの処理が失敗した後、個人的に見込み客をフォローアップを行った場合、その見込み客に古いキャンペーンを送信しないように、再実行の処理を除外できます。 この除外により、組織内の他のユーザーが今後そのデータに対する処理を再試行するのを防ぎます。除外する場合は、除外の理由を入力する必要がございます。

再実行に含める

誤って再実行を除外した場合、または見込み客が再登録した場合、以前に除外した処理を含めて再実行することができます。

誰が再試行処理を実行できますか?
CRM管理者または「ワークフロー管理」権限を持つユーザーが失敗処理の再試行を行うことができます。タブへのアクセス権限を持っていないユーザーは、データを見ることはできませんが、失敗の理由、失敗日時、再試行回数などの失敗の詳細を見ることができます。

留意点
  1. 再試行回数の上限は5回までで、それを超えると再試行がロックされます。
  2. 再試行のオプションは、エンタープライズプランとアルティメットプランのみ利用可能です。

ワークフロールールのUIアップデート

ワークフローレポートのアップデートに伴い、ワークフロールールの設定とレポートへのアクセス順序を変更します。

以前は、設定されたワークフロールールを開くと、設定が最初に表示され、使用状況レポートを表示するには、右下の「使用状況の表示」リンクをクリックする必要がありました。また、複製、無効化、削除などのオプションは、以下の箇所に配置されておりました。

今回のアップデートでは、ユーザーが設定したワークフロールールをクリックすると、ワークフローレポート(ワークフローの使用状況レポートはワークフローレポートに名称変更)が詳細と統計情報とともに最初に表示されるようアクセス順序を変更しました。
これにより、ユーザーは、まずルールのパフォーマンスを評価し、失敗した処理詳細を確認でき、次に「設定を表示する」ボタンをクリックしてルールの設定を表示/編集することができます。
ルール設定ページでは、複製や削除などのオプションはページ右側の「・・・」内に表示され、無効化は「無効にする」ボタンより可能です。



    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

      税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

      Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...
    • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

      2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...
    • 【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い

      【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い メール配信機能の豊富さと、配信数が無制限であるところが大きく異なります。 まず、Zoho Campaignsでは、ステップメールをより柔軟に設定することが可能です。 例えば、メールを開封した人に次のメールを自動で送信したり、 リンクをクリックした人に自動でメールを送信できます。 また、配信するメールのA/Bテストの実施ができます。 事前に設定をしておくと、より閲覧されやすいメールを自動で送信することができます。 ...
    • 【Zoho CRM】メール上限

      Zoho CRMでは、個別メールまたは一括メールを送信できます。 個別メール、一括メールのそれぞれの送信数に上限が設定されています。 ​ 個別メールの上限は、有料ユーザーかどうかと、ユーザー数によって変わります。 一括メールの上限は、ご利用のプランによって変わります。ユーザー数は影響しません。 上限についての詳細は以下をご参照ください。 メールの制限

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。