【Zoho CRM】キャンペーンタブに関するアップデートのお知らせ:ハードバウンス・ソフトバウンスが表示されるようになりました。

【Zoho CRM】キャンペーンタブに関するアップデートのお知らせ:ハードバウンス・ソフトバウンスが表示されるようになりました。


今回、キャンペーンタブに関するアップデートをご紹介いたします。
 ご存知のように、Zoho CRMでは、独立したマーケティングアプリケーションよりも大きな見込み客と連絡先のデータベースになります。
そこで、CRMから直接キャンペーンを管理・追跡するために、キャンペーンタブをご用意しております。

オンライン連携によるキャンペーンタブでは、以下のような機能強化が行われています。

Zoho Campaigns連携では、キャンペーンが受信者に送信されると、キャンペーンのステータスが送信、開封、バウンスなどと記録されます。
現在、メールキャンペーンがバウンスした場合、ステータスは「バウンス」とだけ表示されていますが、
より分かりやすくするために、不達(ハードバウンス)と不達(ソフトバウンス)に分類しています。

  • 不達(ソフトバウンス)ソフトバウンス(不達)は、メールサーバーの技術的な問題や、受信者のメールボックスが一杯になっている場合などに発生する一時的な配信エラーです。
  • 不達 - 不達(ハードバウンス)とは、永久的な配信失敗のことで、メールアドレスが正しくない、アドレスに含まれるドメイン名が正しくない、メールアドレスが無効である、メールサーバーがブロックされているなどの原因が考えられます。

不達のステータスは、各データのサービスのステータスやセールスシグナル、スコアリングルールでも表示されます。
不達ステータスは、上記箇所でも、不達(ハードバウンス)と不達(ソフトバウンス)と表示されます。

受信者の活動:

キャンペーンデータのサービスのステータスフィルター:


シグナル設定:

スコアリングルール:



    • Related Articles

    • 【Zoho Campaigns】ハードバウンス・ソフトバウンスとは?

      Zoho キャンペーンでは、メールが不達になった時に、ハードバウンス・ソフトバウンスのいずれかが適用されます。 詳細は下記です。 ハードバウンス:メールアドレスのユーザー名が間違っているなど、根本的にメールが届かないケース ソフトバウンス:ネットワークやメールサーバーの不調により一時的にメールが届かないケース ハードバウンスになった場合は、そもそもメールアドレスが間違って登録されていたということも可能性としてはございます。 ...
    • 【Zoho Campaigns】ハードバウンスになったメールアドレスは元に戻せますか?

      下記のFAQと同様の手順で実施可能です。下記FAQにも記載がありますが、「顧客に伝えて再登録を依頼」する必要があるので、Zoho キャンペーンの運営者のみの操作ではメールアドレスを元に戻す操作は完結しません。 メール送信対象外の連絡先を有効にする(受信者が登録解除リンクをクリックした場合) https://desk.zoho.com/portal/jpzoho/kb/articles/2017102301
    • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

      税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
    • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

      2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...
    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

      Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。