【Zoho CRM】訪問タブの「行った操作」で「Accessed」と「Navigation」とは?

【Zoho CRM】訪問タブの「行った操作」で「Accessed」と「Navigation」とは?

Q.
Zoho SalesIQと連携している、Zoho CRMについて質問です。「訪問」タブの行った操作について、操作の種類「Accesed」と「Navigation」とありますが、この違いは何でしょうか?

A.
Accessedは、セールスIQが埋め込まれているサイトの中で、最初にアクセスしたデータを指しています。
Navigationは、そのサイトの中での移動を示しています。
はじめにAccessedがあって、Navigationがある流れになります。
    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】訪問タブの「行った操作」は何を意味している?

      Q. Zoho SalesIQと連携しているZoho CRMについて質問です。「訪問」タブの「行った操作」は何を意味しているのでしょうか? A. 「行った操作」では、訪問ページの詳細、該当のページで行った操作、滞在時間等の情報を確認できます。また、チャットの履歴が該当のデータに添付されます。
    • 【Zoho SalesIQ】Zoho CRMがデータ連携をするときに、どの項目でデータの有無を確認するのですか。

      連携時に、データの有無を確認する項目は、メールアドレスでございます。
    • 【Zoho SalesIQ】チャットボックスを非表示にするには

      埋め込まれているセールスIQのhtmlコードを変更するとチャットボックスを非表示にできます。 下記サンプル5行めの太字部分を追記していただくとチャットボックスが非表示になります。 <script type="text/javascript"> var $zoho= $zoho || {salesiq:{values:{},ready:function(){}}};var ...
    • 【Zoho SalesIQ】どこどこJPとの連携でセールスIQ上の訪問者情報に属性情報を付加する

      概要 「どこどこJP」とZoho セールスIQを連携させる方法です。どこどこJPにより、Webサイトの訪問者の属性情報を充実させることができます。 どこどこJPとは? IPアドレスからアクセスユーザの都道府県・市区町村情報以外に組織情報や回線情報などの情報を取得できるAPIサービス 設定例 Zoho セールスIQの組み込み用コードの中にコードを追加します。どこどこJPのJavaScript APIを通じて訪問者の組織や地域情報を取得し、Zoho ...
    • 【Zoho CRM】訪問タブの分類について

      Q. 訪問タブの項目「訪問の種類」に自動的に割り振られる訪問者の分類(Contact・Customer・Lead・Prospect)について教えてください。        Leadは見込み客タブに登録の見込み客 Prospectは商談が発生している連絡先 であることは想像できるのですが ContactとCustomerの分類する意味合いがわかりません。 A. それぞれ、下記の意味になっております。 ContactsとCustomersの違いは商談の受注の有無によるものでございます。 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。