カスタム関数(Zoho Deluge)・APIなど開発に関連する問い合わせ対応の可否について

カスタム関数(Zoho Deluge)・APIなど開発に関連する問い合わせ対応の可否について

カスタム関数(Deluge)、API、クライアントスクリプトなどの開発に関連する問い合わせを下記の範囲に限定させていただきます。

1. 対象範囲

1.1 APIやSDKの不具合(特にZohoサーバ側でのエラー)

作成された関数、およびAPIやSDKを使った連携が動作されない場合、まずはその原因を各自で調べていただく必要がございます。
APIやSDKに纏わるエラーは、クライアント側のエラー(レスポンスコード400系)とサーバ側のエラー(レスポンスコード500系)の2種類に大別され、本サポート窓口で対応できる範囲はサーバ側のエラーのみとなっております。

サーバ側でのエラーはレスポンスコードが500系のもの(500、503など)、もしくはエラーメッセージに"Server Error", "Internal Server Error"という文言が目印となります。

サーバ側でのエラーの場合にのみ、本社でのログ確認・適宜修正を行うため、一次問い合わせの際に下記に示す情報を必ずご提供いただく必要がございます。
  1. ご利用のアカウントのメールアドレス
  2. APIリクエスト
  3. APIレスポンス(エラーの内容を必ずご提示ください)
  4. リクエストした日時
  5. (Bulk APIでのエラーの場合)ジョブID
さらに,APIで「コネクションエラー」の場合は、呼出元のサーバーと呼出先のサーバー間のネットワーク・ルーティング状況を確認するため、上記に加えて下記5点も共有いただく必要があります。
  1. www.zohoapis.com への nslookup コマンドの実行結果
    1. nslookup www.zohoapis.com
  2. パブリックのIPアドレス
  3. www.zohoapis.com 、 crm.zoho.com への traceroute コマンドの実行結果
    1. traceroute www.zohoapis.com
    2. traceroute crm.zoho.com
  4. ご利用中のISPの名称
  5. (可能であれば)ISPを変更し、現象が改善するか確認


1.2 カスタム関数/APIに関連する仕様の確認

基本的にヘルプドキュメントに沿った案内とさせていただきます。

  1. 例1:カスタム関数における引数とは何ですか?どうやって設定しますか?
  2. 例2:APIやカスタム関数を利用するにあたり、実行できる最大の処理時間などの制限をご教示願います。
  3. 例3:API名とは何か?どこで確認できるか?

1.3 頂いた要件がカスタム関数やAPIを用いた自動化処理で実現できるか(可能性)

こちらは実現できるか否かのみをご回答させていただきます。

2. 対象範囲外

2.1 対象範囲外の内容

・お客様環境のカスタマイズ
・カスタム関数/API/SDK/クライアントスクリプトのコードの書き方
・カスタム関数・API・クライアントスクリプトのカスタマイズ・デバッグ・テスト・バージョン移行
・カスタム関数・クライアントスクリプトが動作しなくなった原因の調査およびコードのレビュー
・カスタム関数・クライアントスクリプトのサンプルコードの提示
過去の問い合わせや本社版Zoho Communityの記事等にて、同様のサンプルがある場合はそちらをご提示させていただくことがございます。この場合、カスタマイズ・デバッグ・テストについてはお客様自身にて行っていただく必要がございます。 ゾーホージャパンサポート窓口では承りかねますので予めご了承ください。

2.2 対応範囲外の場合について

対応不可能な場合については、下記の方法で対応いただく必要がございます。
  1. ヘルプドキュメント(英語)
    1. Deluge
      1. https://www.zoho.com/deluge/help/
    2. Deluge エラーメッセージ関連(書き方・文法編)
      1. https://www.zoho.com/deluge/help/error-messages.html
    3. Zoho CRMにおけるDelugeのヘルプ
      1. https://www.zoho.com/crm/developer/docs/functions/
      2. https://www.zoho.com/deluge/help/crm-tasks.html
      3. https://help.zoho.com/portal/ja/kb/crm/automate-business-processes/actions/articles/%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%81%AE%E9%96%A2%E9%80%A3%E4%BB%98%E3%81%91#_5
    4. API
      1. https://www.zoho.com/crm/developer/docs/api/

    5. CRM クライアントスクリプト
      1. https://www.zoho.com/crm/developer/docs/client-script/overview.html
      2. https://js2.zohostatic.com/crm/4434031/documentation/DotSDK/Settings.html
      3. https://js2.zohostatic.com/crm/4434031/documentation/ZDK-1.0/ZDK.Page.html
      4. クライアントスクリプトはJavaScriptをベースとしたスクリプトです。JavaScriptの書き方については以下のドキュメントをご参照ください。
        1. https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Guide/Introduction
  1. 本社サポート窓口(英語対応)
    問い合わせ先:support@(zohoサービス名:スペースなし全小文字).com
    1. Zoho CRMの場合:support@zohocrm.com
    2. Zoho Deskの場合:support@zohodesk.com
    3. Zoho Recruitの場合:support@zohorecruit.com

  2. ゾーホージャパンリセラーパートナー
    詳細はこちら
 



    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】カスタム関数の作成

      カスタム関数はエンタープライズプランの機能です。 [設定] > [自動化] > [アクション] > [カスタム関数]に移動してください。 表示された画面で「自分で作成する」をクリックしてください。 カスタム関数の作成画が表示されます。 カスタム関数についての詳細は以下をご参照ください。 https://www.zoho.com/jp/crm/help/automation/custom-functions-programming-dre.html
    • 【Zoho CRM】カスタム関数:1年分の商談の金額を月別に分割して計上する

      サンプルの設定内容は以下です。 タブ 商談 引数 Deal_Name=  商談.商談名 accountID =  商談.取引先のID Closing_Date=  商談.完了予定日 amount =  商談.総額 stage =  商談.ステージ 関数の内容 //登録用のマップ m=map(); //繰り返し処理用のリスト monthIndex={0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11}; //月あたりの金額 monthlyAmount=(amount  / ...
    • 【Zoho CRM】複数のレコードに対してカスタム関数を実行したい

      Q. データの一覧から、複数のデータを選択してカスタム関数をボタンから実行したいです。 このとき、関数にデータのIDを引数として渡しますが、各データのIDはどう扱うべきでしょうか? A. 複数のデータを選択してカスタム関数を実行する場合、 引数として渡されるデータのIDは、「|||」で 繋ぐ形で 下記のように、一つの文字列で扱われます。 1000000001|||1000000002|||1000000003|||1000000004 ...
    • 【Zoho CRM】Sansanの名刺データを取得して見込み客データを更新する

      引数 SansanAPIKey = カスタム値(SansanのAPIキー) leadID =  「見込み客」の「見込み客のID」 email = 「見込み客」の「メール」 関数の内容 //認証用ヘッダー h={ "X-Sansan-Api-Key" : input.SansanAPIKey }; //リクエストURL u="https://api.sansan.com/v2.7/bizCards/search"; //範囲(me|all) range="all"; //パラメーターのエンコード ...
    • 【Zoho CRM】Call Intelligence(コール・インテリジェンス)の情報をZoho CRMへ連携する

      概要 「Call Intelligence(以下コール・インテリジェンス)」とZoho CRMを連携させる方法です。Call Intelligence(コール・インテリジェンス)の通話情報をZoho CRMのスケジュール処理で定期的に取り込み、キャンペーン、見込み客/連絡先、商談と関連付けます。 コール・インテリジェンスとは? 楽天コミュニケーションズ株式会社が提供する電話の効果測定ツールです。電話でお問い合わせの受付をする広告施策や広告価値の見える化が可能です。 設定 Zoho ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。