【Zoho CRM】管理者の引き継ぎ

【Zoho CRM】管理者の引き継ぎ

Zoho CRMの管理者を引き継ぐ方法は主に二つございます:

1)前任者の「ログイン」メールアドレスを後任者のメールアドレスに変更します。

2)ユーザーの管理画面から管理者を変更します。

※必要に応じて、Zoho組織の特権管理者も変更が必要ですので、以下をご参照ください。
    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】 管理者引き継ぎセミナー動画

      2017年9月に開催した「ZOHOLICSゼミ CRM活用講座:オンライン科目〜管理者引き継ぎ講座〜」のセミナー動画です。 異動や退社などで、Zoho CRMを主導する管理者ユーザーの方が変更になることはままあります。 本セミナーでは、新しい管理者の方へ の引き継ぎの際に必要な設定変更についてご紹介しております。 近々引き継ぎが発生する方、今は必要ないが将来に備えてご興味のある方はぜひご覧ください。 管理者引き継ぎの手順 後任者のアカウントを組織へ追加・管理者権限の付与 顧客データの担当者の変更 ...
    • 【Zoho WorkDrive】特権管理者の変更

      特権管理者は、プロファイル設定でメールアドレスを変更することにより、 自分の役割をチーム管理者に割り当てできます。 ・WorkDriveアカウントの左上隅にあるチーム名をクリックしてください。 ・ドロップダウンから「管理コンソール」を選択してください。管理コンソールページが新しいタブで開きます。 ・左側のパネルで「設定」をクリックします。プロファイル設定はデフォルトで表示できます。 ・特権管理者の連絡先の横にある「変更」をクリックします。ダイアログボックスが開きます。 ​ ...
    • 【Zoho Cliq】組織の管理者を変更

      Zoho Cliqでは、アカウントを作成したユーザーが組織の所有者になります。 組織の管理者のみが、管理者を変更できます。 1)Zoho Directory のアカウントと連携していない場合: 以下のステップで変更できます。 ・プロフィール写真をクリックして「管理者パネル」を選択します。 ・管理パネルの「組織」の下にある「会社情報」をクリックします。 ・組織名のすぐ下の情報タブに、管理者の名前が表示されます。 ・所有者の名前の横の「担当者の変更」をクリックします。 ...
    • 【Zoho CRM Plus】管理者の変更と組織情報の編集

      管理者を変更する: 画面右上のプロフィール画像をクリックし、「管理画面」をクリックします。 管理画面で組織タブをクリックします。 CRM Plus の管理者を変更するには、「管理者を変更する」をクリックします。 ここでいう管理者とは、CRM Plus の組織情報を編集することができる唯一の管理者(アカウントの管理者)を意味します。 「管理者の変更」画面にあるテキストボックスに新しい管理者のメールアドレスを入力し、該当のユーザーが表示されたら選択します。 ...
    • 【Zoho CRM】特権管理者(Super Admin)の変更方法について

      Zoho CRMの特権管理者は、Zoho CRMに関する大事な通知(仕様変更等)の受け取り、クレジットカード購入時のプラン変更、更新手続きなどを担います。 特権管理者になっているアカウントの無効化、役職の変更はできません。 無料プランで特権管理者のアカウントを削除すると、CRM内のデータも削除されます(有料プランでは削除できません) 手順をご案内します。(4Step) 1)組織情報ページに移動 右上の工具ボタン>「設定」>「一般」>「組織情報」をクリックします。 2)編集ページへ移動 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。