【Zoho CRM】一覧表示の画面が新しくなります。

【Zoho CRM】一覧表示の画面が新しくなります。


一覧表示の画面が新しく変更されます。

この新しい表示画面は、1月末までにすべてのユーザーへと適用される予定です。

 

タブ内の新しい一覧表示を発表できることを大変嬉しく思います。
この新しい一覧表示は、なめらかで、わかりやすく、大変役立つものとなっています。
改良された画面のナビゲーションにて、ユーザーがより早く日々のニーズに対処でき、作業を完了できるよう、お手伝いします。

今回のアップデートに関して、まずはこちらのビデオ(英語表記)をご確認ください。

ビデオ内で表示されているタグの機能は、適用進行中です。まもなく適用される予定です。


今回アップデートされた内容をいくつか見ていきましょう。


フィルターの表示・非表示の導入

一覧表示とかんばんビューでは、フィルターのアイコンをクリックすることで、フィルターのセクションを非表示にすることができます。

フィルターのセクションを小さくすることで、より大きく見やすいビューを提供できます。


標準検索ボックスの導入

以前は、検索アイコンをクリックすることで、検索ボックスが使用可能でした。

今回のアップデートでは、より素早くアクセスできるよう、標準仕様としてフィルターのセクション内に常時表示されています。

 


フィルターのセクション内での新しいカテゴリーの導入

フィルターのセクションは、以下の3つのセクションにカテゴリー化されています。

標準のフィルター:更新のある/ないデータ、関連リストの更新の有無、活動等のパラメーターに基づくフィルターが表示されています。

Webサイトの活動:チャットやブラウザー、検索エンジン等のパラメーターに基づくフィルターが表示されています。このセクションは、Zoho SalesIQと連携した時のみ表示されます。

項目別フィルター:タブ内の項目に基づくフィルターが表示されています。


 

カテゴリー名をクリックすることで、カテゴリー内の各フィルター項目を表示・非表示にできます。



フィルターとデータのソート要約の表示

データの並び替えやフィルタリングを行うために使用される条件が、画面上部に表示されるようになります。

これにより、表示されているデータがより明確に把握できます。

 

タブのビューを変更するアイコンの導入

以前は、一覧表示、かんばんビュー、キャンパスビューと各ビューのアイコンが分かれて表示されていました。

今回のアップデートでは、すべてのビューがドロップダウンリストにまとめられています。

ページ付けの位置変更

タブ内データの総数と1ページ当たりのデータ数が画面下部ではなく、画面上部に表示されます。




アルファベットでのソートオプションの位置変更

以前は、アルファベットでソートするオプションは、「・・・」ボタンの横に表示されていました。

今回のアップデートでは、より素早くアクセスできるよう、タブ名項目と姓項目の横へと位置変更されています。


列の追加アイコンの位置変更

以前は、列の追加アイコンはデータ一覧の項目列左に表示されていました。

今回のアップデートでは、「列の管理」と表記が変わり、項目列右のアイコンをクリックして表示されるドロップダウンリスト内に格納されています。


数字項目の並び替え

以前は、数字項目は、「昇順」「降順」オプションを使用した並び替えが可能でした。

今回のアップデートでは、「0-9」「9-0」というオプションで並び替えが可能になります。


インポートボタンとデータ作成ボタンのグループ化

「データ作成」ボタン(+)と「インポート」ボタンが、「(タブ名)の作成」ボタンにグループ化されました。

このボタンをクリックすることで、データの作成・インポートどちらの操作も行うことができます。
インポートボタン横にあった「・・・」ボタンは、「処理」と表記が変更されています。


項目列幅のサイズ調整

一覧表示の項目列幅が必要に応じて調整できるようになりました。




一覧表示のチェックボックスと最初の項目列の固定化

一覧表示からデータを選択する際のチェックボックスと最初の項目列が、画面横にスクロールを行っても、常に一覧左に固定表示されるようになりました。

これにより、素早いデータへのアクセスや明確なナビゲーションを容易にします。



テキストの省略・折り返しオプションの導入

一覧表示では、データの正確なテキスト揃えを提供するよう、デフォルトでテキストの折り返しオプションが設定されています。

テキストの省略オプションは、よりコンパクトにデータを表示することができます。
テキストの省略と折り返しは、項目列右のアイコンより切り替えできます。





アイコンデザインの変更

画面右上にあるアイコン(検索や通知、データの追加、カレンダー、メール、設定)のデザインが変更されます。




私たちの目標は、営業担当者の作業が少しでも楽になるよう、クリーンで見やすく、効率的なデザインを提供することです。
そのためにZoho では、今後もUIに関するアップデートや改良を続けていきます。

    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

      税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
    • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

      2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...
    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

      Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...
    • 【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い

      【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い メール配信機能の豊富さと、配信数が無制限であるところが大きく異なります。 まず、Zoho Campaignsでは、ステップメールをより柔軟に設定することが可能です。 例えば、メールを開封した人に次のメールを自動で送信したり、 リンクをクリックした人に自動でメールを送信できます。 また、配信するメールのA/Bテストの実施ができます。 事前に設定をしておくと、より閲覧されやすいメールを自動で送信することができます。 ...
    • 【Zoho CRM】郵送した顧客(見込み客/連絡先)の履歴の管理

      Zoho CRMで郵送した顧客(見込み客/連絡先)の履歴の管理をするには: 郵送した見込み客の履歴は、カスタム項目を追加する事で管理可能です。 例)ご希望に沿う物をお選びください。 ・「郵送済」の項目をチェックボックスで作る。(郵送済か未郵送かの記録) ・「郵送日」の項目を日付項目で作成する。(最終発送日の確認ができる) 関連情報 Zoho CRMでカスタム項目を追加する ※スタンダートプラン以上 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。