【Zoho CRM】データの共有機能に関するアップデートのお知らせ:役職・グループ単位で個々のデータを共有できるようになりました。

【Zoho CRM】データの共有機能に関するアップデートのお知らせ:役職・グループ単位で個々のデータを共有できるようになりました。


今回、データの共有機能にアップデートがございました。
以下、今回のアップデート内容をご紹介いたします。

ご存知のように、個々のデータは、非公開の共有で最大10人のユーザーと、公開の共有で組織内のすべてのユーザーと共有することができます。いずれの場合でも、個々のデータを同僚と共有することで、効果的なコラボレーションを促進することができます。

今回のアップデート内容
今回、非公開の共有において、個々のデータを共有できる対象を拡大しました。これからは、ユーザーとの共有だけでなく、役職やグループとのデータ共有も可能になります。
例えば、営業担当者が価値の高い商談を商談デスクと共有し、商談の承認を迅速化することができます。


共有に関する制限について
  1. 直接共有の場合、10ユーザー、5役職、5グループとデータ共有できます。
  2. 間接共有の場合、12ユーザー、5役職、5グループとデータ共有できます。

データ共有に関する制限の詳細は、こちらをご確認ください。

また、今回のアップデートに伴い、共有情報や共有管理、概要画面のUIが、ユーザー、役職、グループのカテゴリーに分かれて表示されるよう変更されています。
共有情報画面UI:


共有管理画面UI:



    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】ユーザーを変更すると、データが表示されなくなる

      役職、データの共有設定を変えていただく必要がございます。 Zoho CRMでは役職ごとに表示できるデータが異なります。 ユーザーごとに異なる役職を設定している場合、ユーザーが所属している役職によって表示できるデータが変わります。 下記のページの手順で実施することができますので、ご参照いただければ幸いでございます。 役職の作成 | オンラインヘルプ - Zoho CRM https://www.zoho.jp/crm/help/security/create-roles.html ...
    • 【Zoho CRM】新しい役職の作成方法

      ※CRMに2ユーザー以上追加している場合に利用できます。 手順をご案内します。(6Step) 1)役職の設定画面へ移動 「設定」>「セキュリティ設定」をクリックします。 2)新しい役職作成画面へ移動 役職のセクションから、「新しい役職」ボタンをクリックします。 3)各種設定を入力 役職名や上司設定など、各種設定を施してください。 6)保存をクリック 「保存」をクリックします。 以上で設定は完了となります。
    • 【Zoho Sign】 ユーザー招待と役職の設定

      ユーザーの招待 画面左下のパネルから「設定」タブ→「ユーザー」へ移動します。 画面左上「ユーザーを追加する」からメールアドレスを入力して招待メールを送信します。 ※招待されたユーザー目線: メールアドレスに招待メールが届きます。 招待メールを開いて「組織に参加する」をクリックしますと、 Zoho Signの管理者が作成した組織に参加できます。 ユーザーが招待されました。 役職の設定 チェックボックスにチェックを入れると、役職の管理が可能になります。 管理者とユーザーの二つの初期役職があります。 ...
    • 【Zoho Campaigns】ユーザーの役職を変更する

      手順をご案内します。(4Step) 1)設定>ユーザーと権限>ユーザー管理へと移動 2)「役職の割り当て」リンクをクリック 役職を変更するユーザーにカーソルを合わせ、表示される「役職の割り当て」リンクをクリックします。 3)割り当てたい役職を選択 役職の割り当てポップアップ画面にて、割り当てたい役職をドロップダウンリストから選択します。 4)「割り当てる」をクリック
    • 【Zoho SalesIQ】ユーザーの役職を変更する

      手順をご案内します。(5Step) 1)Zoho SalesIQにサインイン 「設定」をクリックします。 2)ユーザーの選択 役職を変更したいユーザーをクリックします。 3)ユーザーの詳細情報へ移動 「プロフィールの編集」をクリックします。 4)編集 現在の役職をクリックすると役職の一覧が表示されます。 この中から変更したい役職を選択してください。 5)更新 設定を変更したら「更新」をクリックします。 完了すると、役職が変更されます。

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。