【Zoho CRM】該当タブ内に[重複禁止項目]を設定する方法

【Zoho CRM】該当タブ内に[重複禁止項目]を設定する方法

該当タブ内に[重複禁止項目]を設定する方法


Webフォームの連携先のタブに[重複禁止項目]を作成し、Webフォーム内にその項目を設置します。

この設定をしたWebフォームに重複するデータが入力された場合、当該データはタブに自動で追加されず、「登録の承認」という別ページにストックされます。

こちらのページから、既存レコードと情報の一部が一致する新規レコードを把握することが可能です。

タブへ追加するためには、適宜手動での承認を行なっていただく必要がございますのでご注意ください。

・[重複禁止項目]の作成につきましては以下をご参照ください。


該当ヘルプページ:


・重複データの登録の承認につきましては以下をご参照ください。



    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】活動のリマインダーを設定する方法について

      Q. 活動のリマインダーを設定する方法を教えてください。 A. リマインダー(通知)を設定する方法は次の2通りです。 メールによる通知 このオプションを選択すると、タスクや予定のリマインダー(通知)をメールで受け取ることができます。 ポップアップによる通知 このオプションを選択すると、タスクや予定のポップアップリマインダー(通知)を受け取る事ができます。 タスクの通知を設定するには 1.活動タブから、対象のタスクをクリックしてください。 2.タスクの詳細ページで、編集をクリックしてください。 ...
    • 【Zoho CRM】重複一括検索;見込客タブの重複データを一括で処理する方法はありますか?

      Q. 見込客タブの重複データを一括で処理する方法はありますか? A. 重複データの一括検索と統合をご利用いただくと可能です。 見込み客タブ右上の「・・・」ボタンから重複データの一括検索と統合をクリックします。 重複重複を許可しない項目を設定すればそれも可能です。 手順 1)設定→カスタマイズ→タブ&項目をクリックしてください。 2)タブ一覧から該当タブを選択してください。 ・今回は見込み客 3)タブの横にある「・・・」からレイアウトを選び、レイアウトの編集をクリックします。 ...
    • 【Zoho CRM】重複データの一括検索と統合

      一括検索と統合の手順(9Step) 統合の操作は戻せない為ご注意ください。 1)見込み客、取引先、連絡先、仕入先のタブに移動 2)タブのデータ一覧画面の右上から、重複データの一括検索と統合をクリック 3)重複データの一括検索と統合のページで、重複しているかどうか確認したい項目を選択 最大3項目まで選択できます。 4)【重複データの検索と統合】をクリック 5)確認画面がポップアップで表示されたら【はい、続けます】をクリック 自動統合される場合 ...
    • 【Zoho CRM】変換した見込み客の重複を確認する

      見込み客のメールアドレス項目を例に説明します。 設定画面から、変更を行いたいタブのレイアウト画面へ移動します。 下記画像の「値の重複を許可しない」をクリックします。 次に、「設定の変更」をクリックします。 表示された画面で、チェックをつけます。
    • 【Zoho CRM】Webフォームで申し込み時に既に登録されている場合、重複をチェックする事は可能ですか?

      Q. WEBフォームで申し込み時に既に登録されている場合、重複をチェックする事は可能ですか? 承認画面で、「重複している顧客リストはありません」と表示されますが、これは承認画面にあるデータの重複という認識でいいですか? A. はい、承認対象のデータに対して表示されます。 重複を許可しない項目を事前に設定していただくと、データ送信後にその項目に対してチェックが行われ、承認画面にデータが追加されます。 「重複をチェックする事は可能ですか?」 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。