【Zoho Campaigns】登録フォームのシングルオプトインの適用

【Zoho Campaigns】登録フォームのシングルオプトインの適用

大変申し訳ございませんが、Campaignsの登録フォームはダブルオプトイン方式(フォーム送信時に、指定したメールアドレス宛に送られる認証メールに承認することでリストに登録できる方式)のため、登録時の確認メールは、ユーザー側の管理画面からは削除することはできかねます。

シングルオプトインにする場合には、本社側にて操作が必要でございます。

  1. シングルオプトインでは、連絡先が確認なしで追加される可能性があるため、配信到達率・エンゲージメントレベルの低下、スパムマーキング、配信元の評判に影響が及ぶ可能性が高くなります。
  2. ​配信到達率や迷惑メールと看做される割合が高い場合、アカウントが一時凍結されたり、シングルオプトインの停止措置を本社側で行うケースもございます。

以上をご理解の上、それでもシングルオプトインを有効にする場合は、
下記4点の質問にご返信いただく必要がございますのでご確認いただけますと幸いです。


1. 対象のアカウントのメールアドレス
2.ビジネスの内容とメール送信の目的をご教示ください。
3.シングルオプトインに切り替える目的をご教示ください。
4.フォームが埋め込まれているWebサイトのURLをご教示ください。

以上4点を確認でき次第、本社へエスカレーションさせて戴きます。

登録許可後、連絡先>登録フォーム>該当の登録フォーム を選択>フォローアップ設定(Edit Response または Response Setup)にある「ダブルオプトイン (Double Opt-In is on)」設定を無効化いただければと存じます。



    • Related Articles

    • 【Zoho Campaigns】Campaignsで不達になった連絡先をZoho CRMでまとめて削除する方法

      不達の連絡先に対してCRMでカスタムビューを作成することで、連絡先を一括削除することができます 「 メンバースのテータスをCRMの項目に送信する 」機能を使うと、キャンペーンのステータス(開封、クリック、不達といった情報)をZoho CampaignsからZoho CRMへアップデートすることが出来ます。その後、カスタムビューを作成したり、キャンペーンステータスに応じた、その他の操作を実行できます。 このオプションを有効にするには: ...
    • 【Zoho Campaigns】送信者情報の追加のススメ

      Zoho Campaignsを使って情報を発信している場合、「送信者情報」を含めることができます。 送信者情報とは、その情報を発信している企業一同の基本的な法的情報の真正性を示すものの一つです。 購読者に対してマーケティングまたは販売促進に関する情報を発信したいと思っている組織またはユーザーは、基本的な情報を開示しておく必要があります。インプリント情報は各メールに添えておくのが望ましいです。 ...
    • 【Zoho CRM】Zoho Campaigns連携で見込み客/連絡先へ一斉送信

      見込み客と連絡先で別々に連携する必要がございます。 Zoho CRMとZoho Campaigns連携の詳細は以下をご参照ください。 https://www.zoho.com/jp/crm/help/zoho-campaigns/
    • 【Zoho CRM】一括送信したメールの追跡

      CRM一括メール送信直後の統計 1)一括メール送信直後に確認できる場所がございます。 過去の一括メールの統計表示: 1)メール統計を表示 送信されたメール統計は、「一括メール送信」ページから表示できます。 統計には、送信、開封、クリック、バウンス、配信、未開封、クリックされなかったメール数が表示されます。 さらに、各カテゴリをクリックすると、受信者のリストを表示できます。 ・メール統計を表示するには、「一括メール送信」ページに移動します。  ・送信済みメールをクリックし、メールを選択します。 ...
    • 【Zoho Campaigns】Zoho CRMのキャンペーンモジュールで作成したコンテンツをZoho Campaignsに移動できますか?

      Zoho CRMのキャンペーンモジュールで作成したコンテンツをZoho Campaignsに移動することはできません。

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。