【Zoho CRM】カスタムボタン機能に関するアップデートのお知らせ:レイアウトごとにボタンを設定したり、ポータル内でもボタンを設定できるようになりました。

【Zoho CRM】カスタムボタン機能に関するアップデートのお知らせ:レイアウトごとにボタンを設定したり、ポータル内でもボタンを設定できるようになりました。


このアップデートは、現在米国(US)データセンターの組織に対してのみ適用されています。他のデータセンターの組織に対しては順次適用予定です。

今回、カスタムボタン機能に関するアップデートがありました。

Zoho CRMのカスタムボタンは、シンプルかつ多機能なカスタマイズのツールです。ユーザーに対しよりよい操作性を提供し、必要に応じて重要な操作を実行することができます。元々はタブ内で使用するように設計されていました。
ユーザーの生産性向上における重要性を鑑み、データやウィザード、キャンバス、関連リスト内でもカスタムボタンを設定できるようにしました。また、CRMをサードパーティのソフトウェアに連携することもできます。

現在、利便性を提供するために、カスタムボタンの利用範囲をさらに拡大しています。
レイアウトの指定: ボタンを設定する際にレイアウトを選択できる機能を追加しました。
ポータル機能での利用: ポータル用のボタンが利用できるようになりました。
キオスク機能の利用: キオスクがカスタムボタンに設定できるようになりました。
--------------------------------------------------------------

以下、詳細をご紹介いたします。

ボタンがレイアウト単位で設定できるようになりました。

Zoho CRMのレイアウトはカスタマイズ可能なデータテンプレートで、ビジネスプロセスを実現するためのデータ収集や保管、処理、管理などに役立ちます。また、レイアウトに基づいて自動化を実行することもできます。これらのレイアウトごとの機能は、CRMをビジネスプロセスに合わせるのに役立ちます。
しかし、これまでは、データの詳細、作成、複製ページに配置されたカスタムボタンは、必ずすべてのレイアウトに表示されていました。このように、レイアウトやプロセスに関係なくボタンが設置されていたため、カスタマイズ性に欠けていました。

以下のスクリーンショットでは、データの詳細ページに2つのボタンが設置されています。1つは展示会からの見込み客データをイベントへ送信するボタンで、もう1つはオンラインストア経由の見込み客データを他のアプリへ送信するボタンです。どちらのボタンも、異なるアプリケーションにデータをプッシュするのに役立ちます。
上の画面では、2つのカスタムボタン両方がデータの詳細ページに表示されていることがわかります。

今回、各カスタムボタンの使用用途をより明確化し、さらに重要なこととして、カスタムボタンをよりプロセスに特化したものにするために、カスタムボタンの配置場所を選択する前に、どのレイアウトにボタンを表示するかを選択するオプションを導入しました。
必要に応じて、複数のレイアウトを選択することも、すべてのレイアウトを選択することもできます。


下のスクリーンショットでは、各レイアウトごとに異なるボタンが表示されていることが確認できます。



レイアウトの選択は、適用可能な場所でのみ利用できます。
タブの一覧画面にボタンを配置する場合、レイアウトを選択することはできません。



UIに関するアップデート:リンクとボタンのタブを分割しました。

前述のボタンを配置するレイアウト選択のアップデートに伴い、以前の「リンクとボタン」タブが、 「リンク」「ボタン」と2つの独立したタブに分割されました。この分割により、リンク・ボタンごとに一覧を表示できるだけでなく、それぞれを個別に管理できるメリットもあります。




ポータル内でもカスタムボタンが利用できるようになりました。

ポータルは、Zoho CRMが提供するセルフサービスチャネルです。ポータルユーザーに特定のタブへのアクセスを付与することで、Zoho CRMのデータの作成、表示、更新を自身で行えるようになります。Zoho CRMのポータルに関する詳細は、こちらをご確認ください。

今回、ポータルユーザーに対してもCRMユーザーと同様のユーザーエクスペリエンス(UX)を提供するために、ポータルを介して共有されるデータにボタンを新規作成/既存ボタンを設定する機能も開発しました。
これにより、管理者はポータルユーザー専用のボタンを作成したり、既存のボタンを設定したりすることができます。



この機能アップデートによる影響について
ポータルでカスタムボタンを作成または既存ボタンを設定することで、多くの可能性が広がります。標準のデータボタンに加え、ポータルでカスタムボタンへのアクセスを提供することで、ポータルユーザーは、SMS通知の送信、オフラインファイルとしてのデータ保存、オンプレミスツールへの情報の送信など、CRMユーザーができることが同様にできるようになります。
カスタムボタンには以下のようなメリットがあります:
  1. CRMユーザーの手間を抑える
  2. 利便性を向上させる
  3. ユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させる
  4. 手動のタスクに必要な労力を最小化する

このカスタムボタンへのこのアップデートは、別の使用例に繋がります。
続いて、キオスク機能についてご説明します。

カスタムボタンにキオスクを関連付けられるようになりました。

キオスク機能は、最新リリースされた機能の一つで、CRMユーザーがボタンをクリックするだけで特定の操作や処理を行うことができる、コード不要のカスタマイズツールです。素早く画面を表示したり、データベースから情報を取得したり、情報を保存したりすることができます。
キオスク機能に関する詳細は、こちらをご確認ください。

キオスクを呼び出すことは、カスタムボタンに設定できるカスタム処理の1つです。組織内でキオスクを設定済みの場合は、カスタムボタンで実行する処理として関連付け、指定したタスクを開始できます。


例えば、ポータルユーザーが自分で自動車に関するサービスを予約する場合を考えてみます。
KM社は自動車に関するサービスを提供する企業で、オンライン対応を行っています。
ポータル内で、顧客はキオスクが関連付けられたボタンからサービスを予約するだけで、顧客宛にその予約に関する詳細が送信されます。これは、ポータル内でキオスクを設定した典型的な例です。







      • Related Articles

      • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

        税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
      • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

        Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...
      • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

        2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...
      • 【Zoho CRM】メール上限

        Zoho CRMでは、個別メールまたは一括メールを送信できます。 個別メール、一括メールのそれぞれの送信数に上限が設定されています。 ​ 個別メールの上限は、有料ユーザーかどうかと、ユーザー数によって変わります。 一括メールの上限は、ご利用のプランによって変わります。ユーザー数は影響しません。 上限についての詳細は以下をご参照ください。 メールの制限
      • 【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い

        【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い メール配信機能の豊富さと、配信数が無制限であるところが大きく異なります。 まず、Zoho Campaignsでは、ステップメールをより柔軟に設定することが可能です。 例えば、メールを開封した人に次のメールを自動で送信したり、 リンクをクリックした人に自動でメールを送信できます。 また、配信するメールのA/Bテストの実施ができます。 事前に設定をしておくと、より閲覧されやすいメールを自動で送信することができます。 ...

      Zoho Community

      Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。