【Zoho CRM】ポータル機能に関するアップデートのお知らせ

【Zoho CRM】ポータル機能に関するアップデートのお知らせ


先日、ポータル機能に関するアップデートがございました。
以下、アップデート内容をご紹介いたします。

「ユーザー」タブの導入

ポータル設定のUIは、「設定」と「ユーザー」タブの2つのタブに分けられました。設定タブでは、ポータルタブの設定や項目の権限を編集するために使用します。一方、ポータルユーザーの追加、招待状の送信、アクティブユーザーの検索などのユーザー関連の活動は、ユーザータブから行うことができます。
  1. 設定タブは、ポータルの管理権限を持つユーザーが閲覧できます。
  2. ユーザータブは、ポータルのユーザーの管理権限を持つユーザーが閲覧できます。


一括機能の一覧

ユーザーの招待などの操作は手作業で行われており、手間がかかっていました。
迅速な操作を可能にするために、以下の一括操作を導入しました。
  1. ユーザーの招待 - ユーザータブには、ユーザーを招待したり、一括して招待を送信できるオプションが導入されています。
    「ユーザーを招待する」をクリックすると、ポータルが作成されている各タブにリダイレクトされ、ユーザーを一括して選択することができます。
  2. ユーザーの無効化- 有効なポータルユーザーを無効もしくはポータルから削除できます。
  • ポータルユーザーの種類の変更 - ポータルユーザーを他のポータルに一括して移行できます。
  • ポータルユーザーの再招待・有効化・削除 - 未認証のユーザーは再招待もしくは削除できます。同様に、無効なユーザーを再度有効化することもできます。

ポータルユーザーのステータスに関するフィルター

ユーザーの識別を容易にするために、管理者が以下の基準でユーザーを素早く見分けることができるユーザーフィルターを導入しました。
  1. 有効なユーザー
  2. 認証済みのユーザー
  3. 未認証のユーザー
  4. 無効なユーザー
ユーザーのステータスに応じて、ユーザーに対して一括操作を行うことができます。例えば、未認証のユーザーを再招待したり、削除したりすることができます。


招待送信時の失敗理由

ポータルへの招待がユーザーに送信されないままになってしまう理由はいくつかあります。招待が送信されると、CRMアカウントにメッセージが表示され、成功した招待数と失敗した招待数が表示されます。
失敗の理由をクリックすると、招待を受信できなかったユーザーの一覧とその理由が表示されます。


ポータルへの招待失敗の理由例:
  1. ドメインが特権管理者のドメインと一致 - ポータルユーザーが会社のドメインに所属している場合。従業員や会社のドメインを使用している人に招待を送信することはできません。
  2. データが承認待ち - データがいずれかの承認プロセスで承認待ちの場合、この期間はデータがロックされるため、招待は送信されません。
  3. データがレビュー待ち - データがレビュープロセスの一部である場合、ポータルへの招待はデータに送信されません。
  4. データが同意を得ていない - ユーザーがGDPRプロセスの一部として同意を有効にしている場合、ポータルへの招待は送信されません。

ポータルURLの編集

これまでは、設定の最初に選択したポータルのURLは編集できませんでした。現在は、必要に応じてURLの編集が可能でございます。

なお、URLの変更に関するポータルユーザーへの自動通知はありませんので予めご了承ください。個別にご連絡をお願いいたします。

ルックアップ項目/複数ルックアップフィールドからの関連タブ表示

これまでは、ルックアップ項目で関連付けされているタブのみが関連タブとして表示されていました。今回、複数ルックアップフィールドで関連付けされているタブも表示できるようになりました。これにより、1つのデータを複数のユーザーで共有できるようになりました。

試用版ユーザーのためのポータル

これまで、ポータルは有料プランのユーザーのみに提供されていましたが、エンタープライズとアルティメットプランの試用版でも利用できるようになりました。試用版ユーザーは、30日間の試用期間中、ポータルを使用することができます。試用版では、1つの組織で最大10人のユーザーを追加することができます。
試用版のアカウントがエンタープライズもしくはアルティメットプランの有料プランにアップグレードされない場合、以下のような対応が行われます。
  1. スタンダードまたはプロフェッショナルプランの有料プランをご利用の場合は、試用版で作成したポータルが保持されます。
  2. 無料プランをご利用の場合は、30日後にポータルの詳細が削除されます。








    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

      税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
    • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

      2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...
    • 【Zoho Sign】Zoho CRMとZoho Sign連携の設定

      Zoho CRMとZoho Sign連携 Zoho SignとZoho CRMは連携可能です。 Zoho CRMのZoho Sign拡張機能を使用すると、CRMに保存されている連絡先に、署名文書を直接送信できます。Zoho CRMの差し込み文書や会計テンプレートにも適用され、テンプレートから電子署名文書を送信できます。 例:会社の営業担当者がで署名のために同じ契約を異なる取引先に送信したい場合、名前、住所、添付ファイル、金額が異なる場合、差し込み印刷と在庫テンプレートの連携でスムーズ化します。 ...
    • 【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い

      【Zoho CRM】 Zoho Campaignsとのメール機能の違い メール配信機能の豊富さと、配信数が無制限であるところが大きく異なります。 まず、Zoho Campaignsでは、ステップメールをより柔軟に設定することが可能です。 例えば、メールを開封した人に次のメールを自動で送信したり、 リンクをクリックした人に自動でメールを送信できます。 また、配信するメールのA/Bテストの実施ができます。 事前に設定をしておくと、より閲覧されやすいメールを自動で送信することができます。 ...
    • 【Zoho CRM】郵送した顧客(見込み客/連絡先)の履歴の管理

      Zoho CRMで郵送した顧客(見込み客/連絡先)の履歴の管理をするには: 郵送した見込み客の履歴は、カスタム項目を追加する事で管理可能です。 例)ご希望に沿う物をお選びください。 ・「郵送済」の項目をチェックボックスで作る。(郵送済か未郵送かの記録) ・「郵送日」の項目を日付項目で作成する。(最終発送日の確認ができる) 関連情報 Zoho CRMでカスタム項目を追加する ※スタンダートプラン以上 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。