【Zoho CRM】重複データの一括検索と統合

【Zoho CRM】重複データの一括検索と統合


一括検索と統合の手順(9Step)

統合の操作は戻せない為ご注意ください。


1)見込み客、取引先、連絡先、仕入先のタブに移動

2)タブのデータ一覧画面の右上から、重複データの一括検索と統合をクリック





3)重複データの一括検索と統合のページで、重複しているかどうか確認したい項目を選択
最大3項目まで選択できます。



4)【重複データの検索と統合】をクリック

5)確認画面がポップアップで表示されたら【はい、続けます】をクリック



自動統合される場合
重複データの値が全て同じ場合は【はい、続けます】をクリックすると自動で統合が実行されます。
この後の手順はありません。
例)手順3で会社を選択して会社名が「test会社」の場合、
電話番号なども全て同じ値だとこの操作で統合が実行されます。
統合の操作は戻せない為ご注意ください。


6)ポップアップで案内が表示されますので【OK】をクリック
この時、重複データがある場合は右下に表示される【今すぐ解決する】をクリック




7)手順3で選択した項目で重複しているデータが一覧で表示されます
カーソルを任意のデータに移動して【表示】をクリックしてください。




8)重複データの統合画面で統合後に値を残すデータを選択して、【統合】をクリック




9)ポップアップで統合の最終確認画面が表示されますので、【今すぐ統合する】をクリック




統合の操作は戻せない為ご注意ください。

重複を確認する項目を追加する方法


設定画面から追加可能です。以下、手順となります。

1)設定>カスタマイズ>タブ&項目をクリック




2)タブ一覧から該当タブを選択
今回は見込み客を例にご紹介します。

3)タブの横からレイアウトを選び、レイアウトの編集をクリック




4)レイアウト一覧から該当する項目を選択してプロパティの編集を選択
今回はメールを選択しています。





見込み客/連絡先タブのメインのメールアドレスの項目を重複を許可しない項目として設定すると、
メールアドレスの重複チェックができます。

カスタム項目を重複を許可しない項目として設定したい場合、項目の詳細の画面から「値の重複を許可しない」にチェックを入れてください。



この設定は、最初からある標準の項目(カスタム項目以外の項目)にも適用できます。


5)保存をクリック




値の重複を許可しないように設定した項目は、その設定がわかるように表示されます。
例えば、メール(一意)と表示されます。




    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】重複一括検索;見込客タブの重複データを一括で処理する方法はありますか?

      Q. 見込客タブの重複データを一括で処理する方法はありますか? A. 重複データの一括検索と統合をご利用いただくと可能です。 見込み客タブ右上の「・・・」ボタンから重複データの一括検索と統合をクリックします。 重複重複を許可しない項目を設定すればそれも可能です。 手順 1)設定→カスタマイズ→タブ&項目をクリックしてください。 2)タブ一覧から該当タブを選択してください。 ・今回は見込み客 3)タブの横にある「・・・」からレイアウトを選び、レイアウトの編集をクリックします。 ...
    • 【Zoho CRM】該当タブ内に[重複禁止項目]を設定する方法

      該当タブ内に[重複禁止項目]を設定する方法 Webフォームの連携先のタブに[重複禁止項目]を作成し、Webフォーム内にその項目を設置します。 この設定をしたWebフォームに重複するデータが入力された場合、当該データはタブに自動で追加されず、「登録の承認」という別ページにストックされます。 こちらのページから、既存レコードと情報の一部が一致する新規レコードを把握することが可能です。 タブへ追加するためには、適宜手動での承認を行なっていただく必要がございますのでご注意ください。 ...
    • 【Zoho CRM】一括変換の後で重複するデータをまとめる方法

      Q. 保有している見込み客のデータは、 既に取引先・連絡先などに登録されているデータと重複しているものが多くあります。 見込み客→連絡先へ変換する際に ・重複しているデータはまとめる(同じ人は1つにまとめる) ・既に取引先があるものは既存の取引先に追加する(取引先を新しく作りたくない) 重複データが作成されてしまったり、 既存のデータが上書きされて消えてしまったりすることは 考えられますか? A. ・重複しているデータをまとめる ...
    • 【Zoho CRM】CRM内を整理するためのお役立ち機能

      CRM内が整理されてないと、報告書の情報漏れなどが増え、仕事の質や生産性までもが低下してしまいます。 さらに、フォローアップの電話も重複することや、 また他の営業担当と情報が合致しないので、認識違いや作業の重複が起きます。 <重複データの管理> 重複するデータがあるのかを確認したい場合や特定のタブの重複データの確認をしたい場合は ・重複データの一括検索と統合 という、各タブのデータが重複しているものが存在するかどうかを検索・統合可能な機能が有効かと存じます。 ...
    • 【Zoho CRM】メール項目を「値の重複を許可しない」設定にしていた場合、メールアドレスが重複した顧客へのメール履歴は残りますか?

      Q. メール項目を「値の重複を許可しない」設定にしていると、 メールアドレスが既存の見込み客や連絡先と重複した場合、重複した見込み客や連絡先の情報はCRMには登録されないかと思います。 その際、重複した見込み客や連絡先へ送信したメールの履歴を確認することはできますか? A. 見込み客や連絡先データが重複し、CRM内に登録されていない場合でも、 レポート内で送信したメールの記録が表示されますので、こちらよりメール履歴を確認することが可能でございます。 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。