【Zoho CRM】変換した見込み客の重複を確認する

【Zoho CRM】変換した見込み客の重複を確認する

見込み客のメールアドレス項目を例に説明します。
設定画面から、変更を行いたいタブのレイアウト画面へ移動します。
下記画像の「値の重複を許可しない」をクリックします。



次に、「設定の変更」をクリックします。



表示された画面で、チェックをつけます。


    • Related Articles

    • 【Zoho Social】見込み客への変換

      見込み客作成のためには、質の良いコンテンツを投稿し続け、SNSなどでの会社やサービスへの評判に耳を傾けることが重要です。その声の中から、新しいお客さんが生まれる可能性があるからです。 お客様の可能性がある、またはそうなる可能性がある誰かとの交流があるならば、見込み客として加えることを検討するのは良い考えです。そして、最終的にあなたのお客様になる可能性があります。 SNSでは、売上向上に繋がるような、より良い関係を構築するためのさまざまな機会に遭遇します。   ...
    • 【Zoho CRM】見込み客変換の項目紐付け

      【Zoho CRM】見込み客変換時の項目紐付け 画面右上の「設定」マークをクリックし、「タブ&項目」をクリックしてください。 「見込み客の変換時の関連付け」画面を表示できます。 「見込み客」の「・・・」をクリックしてください。 表示される「見込み客の変換時の関連付け」をクリックしてください。 見込み客のすべての項目を、それぞれ取引先、連絡先、商談の項目に関連付けてください。 見込み客を変換したとき、ここでの関連付けの設定にもとづいて、 見込み客情報が 取引先、連絡先、及び商談に引き継がれます。 ...
    • 【Zoho CRM】Zoho Campaigns連携で見込み客/連絡先へ一斉送信

      見込み客と連絡先で別々に連携する必要がございます。 Zoho CRMとZoho Campaigns連携の詳細は以下をご参照ください。 https://www.zoho.com/jp/crm/help/zoho-campaigns/
    • 【Zoho CRM】重複一括検索;見込客タブの重複データを一括で処理する方法はありますか?

      Q. 見込客タブの重複データを一括で処理する方法はありますか? A. 重複データの一括検索と統合をご利用いただくと可能です。 見込み客タブ右上の「・・・」ボタンから重複データの一括検索と統合をクリックします。 重複重複を許可しない項目を設定すればそれも可能です。 手順 1)設定→カスタマイズ→タブ&項目をクリックしてください。 2)タブ一覧から該当タブを選択してください。 ・今回は見込み客 3)タブの横にある「・・・」からレイアウトを選び、レイアウトの編集をクリックします。 ...
    • 【Zoho CRM】一括変換の後で重複するデータをまとめる方法

      Q. 保有している見込み客のデータは、 既に取引先・連絡先などに登録されているデータと重複しているものが多くあります。 見込み客→連絡先へ変換する際に ・重複しているデータはまとめる(同じ人は1つにまとめる) ・既に取引先があるものは既存の取引先に追加する(取引先を新しく作りたくない) 重複データが作成されてしまったり、 既存のデータが上書きされて消えてしまったりすることは 考えられますか? A. ・重複しているデータをまとめる ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。