CRM Plusに含まれる各サービスの機能とアドオンについて

CRM Plusに含まれる各サービスの機能とアドオンについて

CRM Plusには以下の8個のサービスが含まれています。
各サービスの機能詳細に関しては以下のページをご覧ください。

サービス名
概要
プラン
CRM
顧客管理・営業支援ツール
アルティメットプラン相当
Campaigns
メルマガ配信ツール
プロフェッショナルプラン相当
(契約ユーザー数 x 5,000連絡先まで)
Web接客・トラッキングツール
チャット数:無制限
訪問者数:契約ユーザー数 x 5,000訪問者まで
SNS投稿管理
プレミアムプラン相当
問い合わせ管理ツール
エンタープライズプラン相当
アンケート作成・集計ツール
プロプラン相当
BI・レポート作成ツール
エンタープライズプラン相当
プロジェクト管理ツール
エンタープライズプラン相当

購入可能なCRM Plus のアドオンには以下があります。
※料金はすべて月間契約における月額料金です。年間契約における料金はお問合せください。

アドオン名称
内容
料金
備考
CRM Plus - サポート
Zohoグローバル本社が提供する英語のサポートプラン
※エンタープライズサポートは25ユーザー以上の組織に限ります
CRM Plusをご購入いただくと、無料で日本語サポートをご利用いただけます。
CRM - ファイルストレージ
CRM にアップロード可能な添付ファイルのストレージを追加します。
600円/5GB
元々CRM Plus には5GB + (契約ユーザー数 x 2GB)分のファイルストレージがついてます。
SalesIQ - 訪問者
SalesIQ でトラッキング可能なひと月あたりの訪問者数を追加します。
3,000円/25,000訪問者
アドオンなしで追跡できるのは契約ユーザー数 x 5,000訪問者/月までです。
Campaigns - 連絡先
Campaigns のメール配信先となる連絡先数を追加します。
600円/500連絡先
アドオンなしで管理できるのは契約ユーザー数 x 5,000連絡先までです。
Social - ブランド
Social で管理可能なブランド数を追加します。
2,400円/ブランド
アドオンなしで管理できるのは1ブランドです。
Survey - 回答
Survey で収集可能なひと月あたりのアンケート回答数を追加します。
このアドオンは月間契約においてのみ購入可能です。
600円/100回答
アドオンなしで収集できるのは月間契約で3,000回答/月までです。
年間契約の場合、回答数は無制限です。
Analytics - 行
Analytics で管理可能なデータテーブルの合計行数を追加します。
1,200円/100,000行
アドオンなしで管理できるのは5,000,000行までです。
Projects / Desk - ライトユーザー
CRM Plus の中でProjectsのみ利用するユーザーと、Desk の「制限付き担当者」として追加されるユーザーを「ライトユーザー」と称します。
このアドオンは、ライトユーザーの人数を追加するものです。
600円/ユーザー
アドオンなしで追加できるのは25ライトユーザーまでです。

上記以外にも、各サービス毎にアドオンがある場合がございます。
アドオンに関する詳細はsales@zoho.jpまでお問合せください。
例)
Campaignsの連絡先を1万人追加するといくらになりますか?
CRMのポータルユーザーは追加可能ですか? など

    • Related Articles

    • 【Zoho CRM】 見積書/請求書「税」の設定

      税は手動で追加する必要がございます。 商品情報書類には税を入力する箇所が2つあります。 小計前そして小計後2箇所とも税 を適用できます。 (重複設定にご注意ください。) 但し、どちらにも税を適用すると二重に税が適用します。 その為、必要でない場合はどちらか一つにのみ入力してください。 例えば、小計前の税の適用を外し、 下記画像のように小計後の税項目にて税を適用すると税を表示できます。
    • 【Zoho CRM】G SuiteとZoho CRMのシングル・サインオンの方法

      Q. すでにZoho CRMを利用していて後付でG Suiteを導入するケースで、G SuiteとZoho CRMのシングル・サインオンを実現することはできますか? その場合の手順を教えてください。 A. すでにZoho CRMの組織を作成していたとしても、G Suiteを紐付けることは可能です。 通常の手順と同じように、G Suite MarketplaceからZoho CRMのアダプターをインストールしてください。 G Suite Marketplace ...
    • 【Zoho CRM】Card Scannerアプリで名刺データをZoho CRMに取り込む方法

      2019.07 時点の画像です 手順をご案内します。 事前にZoho製品との同期と追加言語の設定を行ってください。 カメラアプリの起動時に、右下の歯車マークをタップしていただくことで、ご自身のアカウント名の表示がされているか、また追加言語設定が完了しているか確認ができます。 1)Card Scannerアプリを起動し、「スキャンを開始する」をタップしてください 2)カメラへのアクセスを許可して、名刺を撮影してください 3)名刺のデータが自動で解析されます ...
    • 【Zoho CRM】愛されるCRMへ (営業担当向けCRMとは)

      営業担当が使いたくなるCRMとは... 営業担当者の多くはCRMを商談の進捗状況と活動実績を把握するためのツールと認識しているようです。ですが、CRMは営業担当の作業負担を軽減し仕事を整理する画期的なツールです。日々の業務に役立つCRMのポイントをいくつか抑え、進んで使いたくなるCRMにシフトしていきましょう!   E-BOOKをご覧になりたい場合はこちらから ...
    • 【Zoho CRM】郵送した顧客(見込み客/連絡先)の履歴の管理

      Zoho CRMで郵送した顧客(見込み客/連絡先)の履歴の管理をするには: 郵送した見込み客の履歴は、カスタム項目を追加する事で管理可能です。 例)ご希望に沿う物をお選びください。 ・「郵送済」の項目をチェックボックスで作る。(郵送済か未郵送かの記録) ・「郵送日」の項目を日付項目で作成する。(最終発送日の確認ができる) 関連情報 Zoho CRMでカスタム項目を追加する ※スタンダートプラン以上 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。