【Zoho Campaigns】ハードバウンス・ソフトバウンスとは?

【Zoho Campaigns】ハードバウンス・ソフトバウンスとは?


Zoho キャンペーンでは、メールが不達になった時に、ハードバウンス・ソフトバウンスのいずれかが適用されます。
詳細は下記です。

ハードバウンス:メールアドレスのユーザー名が間違っているなど、根本的にメールが届かないケース
ソフトバウンス:ネットワークやメールサーバーの不調により一時的にメールが届かないケース

ハードバウンスになった場合は、そもそもメールアドレスが間違って登録されていたということも可能性としてはございます。
また、ソフトバウンスが3回行われると、ハードバウンスとして取り扱われますので、すべてのハードバウンスが必ずしも上記の理由に当てはまるとも限りません。

ソフトバウンス、ハードバウンス含めて、メールが届かない理由としては、受信拒否や、迷惑メールアドレスとしての判定が行われた可能性が考えられます。
DKIMとSPFを送信メールサーバに設定することで、メールの到達率が上がるかと存じます。

下記手順で実施できますので、ご参照ください。



    • Related Articles

    • 【Zoho Campaigns】ハードバウンスになったメールアドレスは元に戻せますか?

      下記のFAQと同様の手順で実施可能です。下記FAQにも記載がありますが、「顧客に伝えて再登録を依頼」する必要があるので、Zoho キャンペーンの運営者のみの操作ではメールアドレスを元に戻す操作は完結しません。 メール送信対象外の連絡先を有効にする(受信者が登録解除リンクをクリックした場合) https://desk.zoho.com/portal/jpzoho/kb/articles/2017102301
    • 【Zoho CRM】キャンペーンタブに関するアップデートのお知らせ:ハードバウンス・ソフトバウンスが表示されるようになりました。

      今回、キャンペーンタブに関するアップデートをご紹介いたします。  ご存知のように、Zoho CRMでは、独立したマーケティングアプリケーションよりも大きな見込み客と連絡先のデータベースになります。 そこで、CRMから直接キャンペーンを管理・追跡するために、キャンペーンタブをご用意しております。 オンライン連携によるキャンペーンタブでは、以下のような機能強化が行われています。 Zoho ...
    • 【Zoho Campaigns】Campaignsで不達になった連絡先をZoho CRMでまとめて削除する方法

      不達の連絡先に対してCRMでカスタムビューを作成することで、連絡先を一括削除することができます 「 メンバースのテータスをCRMの項目に送信する 」機能を使うと、キャンペーンのステータス(開封、クリック、不達といった情報)をZoho CampaignsからZoho CRMへアップデートすることが出来ます。その後、カスタムビューを作成したり、キャンペーンステータスに応じた、その他の操作を実行できます。 このオプションを有効にするには: ...
    • 【Zoho Campaigns】送信したメールが不達だったメールアドレスを確認する

      手順をご案内します。(4Step) 1)レポート>配信済みキャンペーンへ移動 2)送信したキャンペーンをクリック 一覧から送信した任意のキャンペーンをクリックします。 3)「バウンス(不達)」をクリック リアルタイムのキャンペーンデータセクション内にある「バウンス(不達)」をクリックします。 4)不達メールを確認する 永続的な不達メール(ハードバウンス)を表示するには、「ハードバウンス(不達)」を、 一時的な不達メール(ソフトバウンス)を表示するには、「ソフトバウンス(不達)」をクリックします。 ...
    • 【Zoho CRM】不達メールアドレスの確認

      1)個別送信の場合:「不達レポート」の利用 「不達レポート」をご利用いただくとメールが届かなった宛先を確認できます。 このレポートは、レポートタブからご覧いただくことが可能でございます。 下記画像をご参照いただければ幸いでございます。 2)一斉送信の場合:ビューの画面 現状確認できる方法としては、ビュー画面をご利用ください。 一斉送信した日付で未送信の顧客を特定します。 こちらの確認方法は、指定したビューで「特定の日付」に、 メール送信をしなかった見込み客/連絡先を表示できます。 ...

    Zoho Community

    Zoho ユーザーが集うオンラインフォーラムでは、サービスの使いこなしに関する活発な議論や情報交換が行われています。